あさひがおか保育園 郡山市認可保育園

トップヘッダー2-01.png

あさひがおか新TOP画像(大)-01-01-02.png

HOME

保育理念

保育目標

  1. しあわせな大人になる為の子どもの保育を考える
  2. ひとりひとりの子どもの思いを大切に受け止め主体性を育む
  3. 自信・勇気・行動力のある社会のリーダーを育てる

児童像

  • 『よく見る・よく聞く・よく考える自主性のある子ども』

職員像

  • 『ひとりひとりの子どもを理解し大切に保育する』

保育園像

  • 『温かい雰囲気で落ち着きのある保育園』

運営方針

  1. 園児の健康と安全を第一とし、食事・排泄・睡眠・休息など生理的要求が適切に満たされた快適な生活や遊びが出来るよう保育環境を整える。
  2. 園児との心のふれあいを大切にし、ひとりひとりの成長や発達に応じた保育を考える。
  3. 保護者との連携を深めながら地域の子育て支援活動に積極的に取り組みよりよい子どもへの環境を支援する。

園章

  • あさひがおか保育園のあさひをイメージした形で、△(さんかく)は四季(月日と時間)を表しています。○(まる)の中の△(さんかく)は家庭と保育園と子どもとのバランスであり、すべての中心は『愛』であること。1番大切な愛を満たされることで『知・徳・体』を学び『知・徳・体』が『自信・勇気・行動力』へと繋がっていることを表しています。

園長挨拶

統括園長:高橋 孝子

園長先生アップ.jpgあさひがおか保育園園長の高橋孝子です。当園ではひとりひとりの子どもたちの思いを大事にし、大切に丁寧に保育することを心がけています。『よく見る・よく聞く・よく考える』主体性のある子どもの幼児教育を考えています。
未満児クラス(0歳、1歳、2歳)では各クラスになっており、その時期に学ばなければならない秩序感や信頼関係を形成できるような環境になっています。人を好きになり、人を信頼する気持ちを育むために、ひとりひとりを大切に育て、愛し、丁寧にお世話をすることにより、子どもたちが安心して生活が出来る雰囲気を目指しています。ご家庭でのお母さんの側にいるような安心感、清潔感、心地よさを感じ、愛に満たされることで、子どもたちが『生まれてきてよかったな』と思えるような温かい保育を行っています。
以上児クラス(3歳、4歳、5歳)ではグループレッスンの際は月齢ごとのカリキュラムがありますのでクラスで集まりますが、それ以外の時間は一緒に生活をする『異年齢保育』を行っております。異年齢にすることで遊びが広がり、人間関係をより学ぶことが出来ます。またこの頃の1年間はとても大きく、4月生まれと3月生まれでは体も考え方も大分違います。各クラスにしてしまうと、4月生まれの子はなかなか負けたりすることが少なく、負けたときに悔しいと思い、そこから頑張ろうと気持ちを切り替える経験が欠けてしまいます。3月生まれの子は負けてしまうことが多く、自信を失くしてしまいます。ですが異年齢保育にすることにより、4月生まれの子でも1つ上のクラスの3月生まれの子どもがいます。3月生まれの子でも1つ下のクラスの4月生まれの子どもがいるので、子ども達の遊びの中で子どもはたくさん成長することが出来ます。子育てについての悩みなどの相談も行っていますので、何かあればいつでもお越しください。子育てはとてもむつかしいことでもあります。でもその中にはしあわせがたくさん含まれています。そのしあわせを感じるお手伝いをさせてください。

沿革

平成 7年 7月
あさひがおかチャイルドクラブ(学童保育)開園
平成 9年11月
現在の設置場所に乳幼児の部・学童の部に分けて移設。
平成17年 3月
あさひがおか保育園と改名し学童保育を廃止。
平成17年 8月
有限会社 あさひがおか保育園を設立。児童福祉法第35条4項の規程により設置認可を受ける。
平成18年10月
あさひがおか保育園開設開園。
平成25年 4月
社名を 有限会社 子どものふるさと に改名。
平成28年 4月
あさひがおか乳児分園 設立